plofile
plofile

<レッスンに対する私の思い>
これまでにいくつかの大手音楽教室を経験して感じた、運営方法やレッスンの進め方や教え方の問題点について、もっとこうした方が良いと思ったことを私の教室に取り入れています。
私の使命は、私自身の演奏技術と教える技術を高めることにより、音楽を学びたい人たちに納得してレッスンを受けていただきながら上達に導くことです。

<コーチ>
コーチの資格は2013年に取得。
社会人時代に、部下の成長を促す指導技術であるコーチングを知り、上司と部下の関係性だけでなく、音楽の指導にも有効であると確信し取得しました。


<カウンセラー>
心理カウンセラーの資格は2014年に取得。
小学生の時にいじめにあっていた私。そして私を救ってくれたのが音楽でした。
同じようにいじめで辛い思いをしている子供、またメンタルを痛めて苦しんでいる大人に対し、少しでも支えになれるなら、という思いで取得しました。
心理カウンセラーに師事し過去に臨床も経験しました。
音楽教室においても悩みの相談を受けることがあり、カウンセリングを学んだことがとても役に立っています。

<音楽理論>
音楽理論は独学で習得。学習し始めの頃は書籍を何冊購入しても理解できず、時間とお金と本棚のスペースを無駄にしてきました。
音楽理論を理解できてから思ったこととして、わかりやすい方法で学べば音楽理論は思ったほど難しくはない、ということです。
音楽理論を教えるにあたり生徒さんが私の二の舞にならないように、いかにわかりやすく伝えるか、に注力しています。

<楽歴(がくれき)>
小学1年から3年までピアノを習う。小学6年の時にフォークギターを始める。井上陽水や吉田拓郎、かぐや姫の時代である。
中学2年の時にCAROL(永ちゃんがいたロックンロールバンド)に影響を受けエレキギターを始める。
中学3年の時に偽物の革ジャンを着て、初めてバンドで演奏。
高校生の時はハードロック(DEEP PURPLE、Aerosmith、Queen・・・)に移行するが、ビートルズや日本のニューミュージック(ユーミン、チューリップ・・・)も嗜む。
大学生の頃は主にフュージョンに傾倒。CASIOPEAやスクエアの全盛期である。
歌ものでは山下達郎などの16ビート、今でいうシティポップの洗練されたカッティングにはまる。
大学の軽音は入部後すぐに退部し、独自でバンドを組み、他の大学の学祭に出まくる。
社会人になってからも平日の夜や土日は音楽を続けてきた。
これまでにホテルやライブハウスでの演奏の他、J-POP中心の「いきなりボーカリスト」という名のボーカルセッションを立ち上げた(残念ながらコロナの影響によりセッションは閉鎖)。
ギターを始めてからかれこれ50年になろうとしている。
個人でレッスンを始めたのは2012年からである。

2023年1月記
ウッディ鈴木ギターレッスン講師
ウッディ鈴木